ホーム > 藤原農機について > 選ばれる理由/社会貢献

選ばれる理由/社会貢献

創業昭和22年(1947年)!藤原農機が愛される理由

みなべ町と印南町に店舗を構え、農機具を販売し続けていた当店が地元和歌山の農家の皆様に喜ばれ続けていた理由は何と言っても「お客様にとって「最良」とは何かを常に追求し、どんな要望にもNOと言わず最善を尽くす。」という気持ちを大切にしてきたからです。
この気持が圧倒的な品揃えになり、販売だけでなく農機具の修理やメンテナンスをし、忙しい繁忙期の早朝営業に繋がりました。

選ばれる理由

1. 圧倒的な品揃え

お客様からの要望「これは無いのか?」「これを扱ってくれないか?」を追求した結果、農機以外に農薬、肥料、農業資材と取扱いを増やしました。
また農業機械の中古販売・買取やレンタルの取扱いも始めました。
より地域に密着した品揃えで農業全般をサポート致します。

  • 圧倒的な品揃え
  • 圧倒的な品揃え
  • 圧倒的な品揃え

2. 任せて安心(修理・メンテナンス)

農家にとって農業機械が壊れて作業がストップするというのは一大事です。また高額な費用が掛かるので、メンテナンスを行いながら長く使っていきたいというのが本音だと思います。
藤原農機では、様々なメーカーの農業機械の修理や日頃のメンテナンスに対応していますので、万が一の緊急事態から、日頃のメンテナンスや保管、使い方の相談も気軽にして頂けます。
農業機械のホームドクターのような存在を目指し農家の皆様をサポート致します。

  • 任せて安心(修理・メンテナンス)
  • 任せて安心(修理・メンテナンス)
  • 任せて安心(修理・メンテナンス)

3. 繁忙期は早朝から営業します。

田植えの時期、梅の収穫、みかんの収穫等の繁忙期は忙しく、日中に来店する時間もなかなかありません。
そこで藤原農機は地元の農家の繁忙期に早朝の7時から営業をしています。
作業開始前にその日どうしても必要な農機具や肥料、農薬、農業資材等の購入、農機具のレンタルや農業機械のメンテナンスが出来ます。

  • 繁忙期は早朝から営業します
  • 繁忙期は早朝から営業します
  • 繁忙期は早朝から営業します

社会への取り組み

ワクチン

ワクチン修理一件につき、一人分のワクチンを世界の子どもたちに贈ります。
「ポリオ」や「はしか」など、六大感染症でなくなる子どもの数は、世界中で1日に約4000人と言われています。
われわれは医者ではない。だけど機械を一生懸命直す事によって、予防可能な感染症で命をおとす子ども達を救うチカラになりたい!そして機械が直ることでお客様の笑顔と同時に、世界のどこかで未来を担う子どもたちに笑顔が生まれる、そんな仕事ができれば幸せだと感じます。

梅の郷援助隊への義援金

梅の郷援助隊への義援金本社所在地のみなべ町には「梅の郷援助隊」という民間のボランティア団体があります。
梅の郷援助隊は県内だけでなく、東日本大震災など必要とあれば日本全国どこでも復興のために活動しています。
いずれ地元に被害をもたらすであろう南海地震に備えるためにも、微力ながら藤原農機はその活動を支援したいと思い、修理一件につき20円の募金をしています。

マラソンチーム「アグリズ」を運営

マラソンチーム「アグリズ」を運営和歌山県みなべ町を拠点に梅やみかんを栽培しながら日本全国のマラソン大会に出場する農家ランナーのチームで、全国的な大会からローカル大会までこれまで数多くの大会に出場。
宮古島ワイドーマラソン優勝を筆頭に数々の受賞歴あり。

藤原農機のページトップへ