ロボット芝刈機

shibakariki-r-01

ハスクバーナ Automower 430X
shibakariki-r-02

ハスクバーナって?

世界的な林業機械製造メーカーとして有名なハスクバーナの歴史は非常に長く、その起源は約320
年前の1689年です。
その長い歴史の中で培ってきた技術の集大成とも言えるのがこの芝刈機「Automower 430X」なのです。


1995年にハスクバーナ初
のロボット芝刈機登場!

知ってました?ハスクバーナのロボット芝刈機「Automower(TM)」シリーズはなんと1995年から販売されていたのです。
他社製品ですが、日本でも大ヒットしたお掃除ロボットよりも以前から開発されていたんですね。
Automowerシリーズも初期のものは刈りムラが発生しましたが、現行機種では業界初となるGPSセンサーなどを搭載し、「Automower 430X」
では刈ムラを無くすことに成功!

shibakariki-r-03

世界での
シェア率は50%超え!

ハスクバーナグループが世界で提供するロボット芝刈機の販売シェアは圧倒的なNo.1!
発売以来20年以上に渡って改良を重ね、技術力と信頼性が世界でも高く評価されています。

shibakariki-r-04
ハスクバーナ Automower 430X のすごいところ!
shibakariki-r-05
それを解決してくれるのがこのロボット芝刈機!もう、人が
刈らなくていいんです!集めなくてもいいんです!

shibakariki-r-06

自動で常に芝生を
一定の長さに保ってくれます

伸びる前に刈る!!
芝生の手入れは数ヶ月に一度という方も多いのではないでしょうか?実は、芝生の健康を保つためには毎日の手入れが必須です。Automower 430Xなら毎日自動でお手入れをしてくれますので芝の生え変わりが促進され、敷地内の芝がどんどん健康な芝に生まれ変わります!

海外ドラマのような芝を日本でも♪

面倒な集草作業は
もう不要です

人が作業することなく、毎日芝生を一定の長さに保ち続けてくれます。
細かく刈ってくれるので集草作業などは一切不要、負担だった刈草の掃除はもうしなくてもOKです!
その姿はまるで草を食べる羊のよう……。
GPSセンサー搭載ですから、刈り残しや刈りムラも一切ありません。

大きな敷地ほど効果を実感できます♪
shibakariki-r-07

一筆書きのワイヤーで囲まれたエリアを
芝生を傷めないようにランダムに刈って行きます
shibakariki-r-08
いつでもどこでも完全自動運転!充電も自動でします。
雨の日でも傾斜面(24度)も問題ありません!
shibakariki-r-09
盗難防止アラームもついていますし、
無断使用を防ぐためにPINコードも設定できます。
shibakariki-r-10

GPSアシストナビゲーションを搭載

GPS衛星によりワイヤー内のエリアを
マッピングすることで、刈り残しをなくします。

shibakariki-r-11

リフトセンサー付

リフトセンサーが付いているので持ち上げると
自動的に刃が止まるようになっています。

shibakariki-r-12

藤原農機で導入すれば安心♪
shibakariki-r-13
ハスクバーナAutomowerシリーズは藤原農機が
和歌山県内の総代理店です!
導入からサポートまで藤原農機にお任せ下さい!
藤原農機は創業昭和22年。長い間、農業・造園機械に関わってきたプロフェッショナルです。
機械の導入は当然のことながらお客様のお困りごとを根本的な原因から全てサポート、解決致します。
もちろん、修理や万が一のトラブルがあった場合も、担当者がすぐに駆けつけ対応します。

導入の流れ

1

まずは電話かメールにてお問い合わせください。

TEL 0739-72-2050
mail info@agriz.net

shibakariki-r-15
shibakariki-r-14
2

専属スタッフが現地調査に伺い、
現場に応じたお見積りを作成致します(無料)

※ご希望の場合、1週間程度の実演設置を
 行うことも可能です(無料)
 一週間だけでも芝生の状態が劇的に変わります!

shibakariki-r-16
shibakariki-r-14
3

見積りの内容のご確認後、
施工・納品指導に伺います。

shibakariki-r-17
shibakariki-r-18

Automower 430X
         (3,200㎡まで管理)

本体価格

498,000円

設置工事費(ワイヤー等部材費込み)

200,000円~350,000円

           (園地による)

shibakariki-r-19
  • 保守点検・修理費用まとめて安心セット
  • 200,000円/年 ※更新制

    ファームウェア定期更新チェック(3ヶ月毎)
    稼働状況レポート定期出力(3ヶ月毎)
    替刃交換点検(3ヶ月毎)※部品代込
    バッテリー不良交換無料サービス
    その他、故障・修理、トラブル対応無料

    ※上記保証は12ヶ月毎の更新となります

    保守点検・修理費用まとめて安心セットで導入の場合の料金
    本体価格 498,000円
    設置工事費 250,000円
    保証(保守点検・修理費用まとめて安心セット) 200,000円
    合計 948,000円




    「保守点検・修理費用 まとめて安心セット」がご不用の場合は、以下の料金設定となっております。
    また、ファームウェア定期更新、稼働状況レポート出力については販売店からの出張対応となります。
    ファームウェア定期更新チェック 15,000 円~(出張費別途)
    稼働状況レポート定期出力 5,000円~(出張費別途)
    替刃交換点検 8,000円~(出張費別途)
    バッテリー不良交換対応 50,000円~(出張費別途)
    その他故障修理、トラブル対応 都度見積り
    shibakariki-r-21
    shibakariki-r-22

    ハスクバーナ Automower 315
    (1,500㎡まで管理)

    施工費込み450,000円程度でのお見積り可能です

    お問い合わせはこちら
    0739-72-2050
    屋上緑化や芝生の施工についてもご相談ください!
    よくある質問
    Q
    どれくらいの草丈まで対応しますか?
    A
    430Xは一般的な芝刈機とは異なり、芝を刈る機械ではなく、24時間稼働し続け芝を伸びないように管理する機械です。
    設定したら刈高より伸びないよう、毎日少しずつ草の柔らかい部分のみを刈り続けます。
    そのため施工時に草を低く刈り取る必要がありますが、一度施工してしまえば以降芝刈りの必要がありません。
    Q
    刈高の設定範囲を教えてください
    A
    刈高の調整は20mm~60mmです。
    Q
    1回の充電でどれぐらいの範囲を刈れますか?またどれぐらいの時間稼働しますか?
    A
    2時間稼働、1時間充電のサイクルを24時間繰り返します。
    イメージとして2時間で全ての範囲を刈るのではなく、24時間かけて芝を傷めないようゆっくりと全ての範囲を管理します。
    ※最大面積の目安は、1台あたり3200㎡(3反ぐらい)
    Q
    バッテリーの耐用年数を教えてください
    A
    使用方法にもよりますが、3~4年程度で交換となります。
    Q
    替刃の交換時期と費用はどれぐらいでしょうか?
    A
    フル稼働の場合で3ヶ月に1回程度で交換を推奨しております。
    金額的にはおよそ8,000円程度(工賃込み)となります。
    Q
    傾斜・天候の使用条件を教えてください
    A
    傾斜角最大24度まで対応、雨・風・雪などにも対応致しますが下からの浸水には弱いため、台風などで機械自体が水没してしまうような場合は機械の一時的な撤去をお願い致します。
    Q
    他社製品との違いを教えてください
    A
    ハスクバーナはこちらのAutomowerシリーズを1995年より開発しており、グループ全体で世界シェアの50%を独占しております。
    他社にない特徴と致しまして、GPS機能を搭載しているため刈りムラや地形による制限がなく、狭い場所でも独自の施工により対応が可能となります。
    また、「ガイドワイヤー」と呼ばれる特殊なワイヤー(特許)を利用し、複数の芝地を管理する場合に主となる道筋を作ることで複数の地形や重点的に管理したい場所を指定することが可能です。
    藤原農機のページトップへ