藤原農機 > 農機具のこと > 梅の収穫シーズン目前!事前準備を要チェック!

梅の収穫シーズン目前!事前準備を要チェック!

 

こんにちは!

藤原農機の藤本です。

 

まもなく梅の収穫が始まりますね!

今回は収穫をスムーズに行うための事前準備について紹介したいと思います。

 

まずは斜面地で大活躍のモノラック!

「収穫に使おうと思ったらにエンジンがかからない!」

「エンジンをかけようとしたらリコイルの紐が切れた!」

という修理のご依頼、毎年結構多いです。

大忙しの収穫シーズンですから、僕らも出来る限り早く修理に向かいますが、立て込んでくるとどうしてもすぐには行けない時もあります。

 

その間モノラックが使えないのはお客さんにとってもすごい不便だと思うので、収穫を始める前に以下の点のチェックをしておいてもらうのがおすすめです。

 

①リコイルの紐は大丈夫?

なかなかまじまじとリコイルの紐をチェックすることって無いと思うので、気づかないうちにほつれや切れができていたりするので、その場合は要交換です!

 

②エンジンはちゃんと掛かるか?

前のシーズンでキャブの燃料を入れっぱなしだったり、タンクにサビが発生して詰まっていたりと、いざ使おうと思ってエンジンがかからないケースも多いです。収穫作業を始めるすこし前に試運転しておくのがおすすめです。

③燃料漏れはありませんか?

モノラックはずっと屋外にある機械なので、燃料ホースが劣化して割れたり切れたりしてしまします。エンジンの始動チェックをした時についでに漏れが無いかも要チェック!

 

④スットップスイッチ生きてますか?

これも見落としがちですが、エンジンを停止するストップスイッチが劣化して機能しなくなる場合があります。エンジン始動チェックの時に何回かちゃんとエンジンが止まるか確認がおすすめ!

 

⑤前後進ちゃんと動きますか?

ベルトのヘタリや劣化で前進・後進がスムーズにできない症状が出る時があります。エンジン始動チェックのついでにちょっとだけ走らせて見てください。

 

⑥本機やトロッコにガタツキはないですか?

本機やトロッコとレールにガタツキが大きい場合はベアリングが飛んでしまってます。そのまま使用すると機械が痛むので、チェックして早めに直しましょう!

 

⑦レールは正常ですか?

これは少しチェックに時間が掛かってしまうのですが、レールにクラック(ひび割れ)やレール下側のラック(波々のやつ)に異常が無いか確認しておくのもおすすめです。レールが壊れたまま使うと脱線やモノラック自体の故障にもつながるので、余裕があればチェックです。

 

⑧ブレーキはちゃんと効きますか?

いつの間にかブレーキの効きが悪くなって、斜面でちゃんと停止できなくなる場合があります。そうなるとモノラックが滑り落ちるので、できればトロッコに重しを積んだ状態でちゃんとブレーキがかかるか見ておくのがおすすめです。

 

書いているうちに項目が増えすぎてしまいました。。。

すべての園地のモノラックを全部の項目チェックすると時間もかかるので、時間に余裕が無い方は、故障で作業が止まるリスクも下がるので少なくとも①と②だけでもチェックしておくと良いと思います。

 

次はクローラー運搬車です!

これも収穫期には大活躍の機械ですが、事前のチェックをおすすめします。

 

チェック項目はこんな感じ!

 

①エンジンオイルの確認

エンジンを掛ける前に、エンジンオイルの量は適正か、オイルが真っ黒もしくは白く濁っていないかを見ておきましょう!

オイルが減っていたり、劣化していたりするとエンジンを焼いて修理に結構な時間がかかります。ちょっとしたことなので、使う前には毎回チェックしてもらえるといいですね!

 

②リコイルの紐は大丈夫?

モノラック編でも書きましたが、使っているウチに紐も痛むので、ぜひチェックを!

③基本動作に問題無し?

エンジンの始動、各変速段数での前後進、エンジンの停止など、使う上での基本的な動作が問題なく行えるか要チェックです!

 

④燃料漏れは無いですか?

コレもモノラック編でも書きましたが、燃料ホースに亀裂などがあれば、畑にガソリンを撒きながら走ってしまうことになります。動作チェック時に合わせて確認しましょう!

 

⑤クローラーは傷んでないですか?

意外と見落としがちで、修理にも時間がかかるのがクローラーの破損です。

クローラーが傷んで切れてきていないか、一周ぐるっとチェックしましょう!

 

⑥ブレーキ、ちゃんと効きますか?

斜面地で使う時に運搬車のブレーキがちゃんと効かないのはほんとに危ないです。機械が谷底に転がるくらいならいいですが、滑ってきた運搬車に巻き込まれる事故があっては大変です。

荷台に荷物を積んだ状態で斜面でしっかりブレーキが効くかチェックしておきましょう。

 

機種によって違う所もありますが、運搬車も事前に各箇所の点検をして置くと、作業がスムーズですよー。

 

 

モノラックと運搬車に限らずですが、忙しい収穫期に機械の不調や事故で作業に遅れが出ないよう、スムーズに収穫作業が進むように機械類は実際に使う数日前に動作点検しておくのがおすすめです!

 

なにか気になるところがあればいつでも質問ください!

以上藤本でした!

(Visited 90 times, 6 visits today)
藤原農機のページトップへ